痔を解消しよう

Just another WordPress site

痔を解消しよう
未分類 | 01月08日更新

痔に伴う出血には要注意

テレビのCMなどでは明るくあっけらかんと痔であることがカミングアウトされていますが、実際痔を持っている人はなかなか人に言い出せず思い悩むものです。でも痔は誰もがなりうるとても身近な病気です。かゆみや痛みを伴う場合には一人思い悩んだりせずに家族やお医者さんに打ち明けてしっかりとした治療を受けることが大事です。思い切って治療を受けることで、症状を悪化させずに早く治すことができます。もし排便中に出血に気

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

痔トラブル、その原因は?

日本人のおよそ三人に一人が悩んでいると言われている、痔。通院や手術を擁するものもあれば、市販薬で緩和する比較的の軽いものまで、症状は様々です。
いつの間にか自分の背後にまで迫っているかもしれないお尻のトラブル。その原因はいったい何なのか、そして予防のために気をつけなければならない習慣などはあるのでしょうか。

まず痔の原因として挙げられるのは排便の際の肛門への刺激です。排便時の摩擦やいきみ過ぎによ"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

痔の治療が必要になる前に

ぢには大きく分けて静脈がうっ血を起こすことが原因の痔核、硬い宿便や下痢など排便に伴い皮膚が裂ける裂肛、肛門腺に細菌が入り化膿することで発症する痔瘻(じろう)の3つのタイプがあります。
この中で化膿後に溜まった膿により穴が空き痔瘻と診断された場合は手術が必要とされることが多いので注意が必要です。
これらの予防には基本的にはお尻を清潔に保つということが重要で、更に運動不足の解消や長時間同じ姿勢で座らな"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

手術が必要な痔とは?

痔とは、肛門部周辺の静脈が圧迫されて血流が滞ることによって発生し、イボ、切れ、あな痔と3つのタイプがあり、中でもイボ痔は患者の約5割を占めています。

イボ痔とは、肛門の血流の悪さから血管が腫れてこぶ状になることででき、排便時に出血したり、便を出し切れていなかったり、肛門に違和感を感じるなどの症状があります。
また、この中でも2つの種類に分けられ、直腸と肛門の境界より内側にできるものを内痔核といい"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

痔の薬の選び方

肛門周辺の血流が悪くなり、毛細血管がうっ血することで起きる痔の原因には、便秘を放置して肛門に負担をかけることを繰り返したり、下痢によって勢いよく便を排出することで肛門に負担をかけて起きることが殆どです。
また、下痢の場合、肛門のくぼみに菌が入りやすく、それが感染すると痔ろうを引き起こしてしまいます。

痔は、治療が遅れて悪化すると手術が必要になるケースがありますが、早めにケアをすれば軟膏などの使用"

" 続きを読む